タグ別アーカイブ: アーディス

あたたかい部屋の中で

今思えばあいつ、昔はよく体を壊していた。

昔と言っても、ほんの5年ほど前の話だ。

少し薄着をしては体を壊し、少し環境が変わっては体を壊し。

体力も今ほどはなかったから、一度体調が崩れると案外長引いて。

同じ部屋に住んでいる以上、無視するわけにもいかなくて、俺もこまごまと世話を焼いた。

普段は何かと生意気なあいつも、こういうときばかりは素直に甘えてきたもんだ。

そう、年相応に、子供らしく。

 

いつからだっけ。

あいつが風邪、ひかなくなったの。

成長して体力もついて、体も心も丈夫になったんだろう。

そんなことをぼんやりと考えていたけれど。

 

ピピピピピ、ピピピピピ、とお決まりの電子音が聞こえる。

ちょいと失礼して布団の中から体温計を引っ張り出すと、抗議するようなうめき声が響いた。

俺の手が冷たいんだろう。

でもさすがに体表面温度を40度近くまで上昇させることはできないので、

おとなしく我慢してもらう事にする。

「熱、さがらねぇなぁ。」

ベッドに寄りかかり、ため息交じりに呟く。

誰に言うでもない、ただの独り言。

そのつもりだったが、うめくような声が俺の言葉に返事をする。

振り向くと、ベッドに横たわっていたアーディスがゆっくりを目を開くところだった。

顔は相変わらず赤い。

「あたま、いたい……。」

「お、悪い、起こしちゃったな。水飲むか?」

「のむ。」

「ほら、飲め。」

声をかけると、ゆっくりと体を起こす。

こいつの病気は、なんてことない、ちょっと重いだけのただの風邪だ。

休養と栄養を十分に取ればそれだけで治るような、ただの風邪だ。

けれどもこいつはこの世の終わりのような顔をして背中を丸める。

どれだけ寝込めば治るかなんて、今の自分には関係ないとでも言うかのように。

「腹は?」

「へらない。」

「そう言うけどお前、昨日の夜から何も食べてないだろ。」

うめき声。

今度は言葉の返事はない。

水を飲むだけ飲んで満足したらしいアーディスは、

またもぞもぞと布団にもぐってすうすうと寝息を立て始めた。

そんな可愛い病人に布団をかけなおしてから、おかゆでも作ろうかと部屋を出る。

 

一人きりの台所でのんびりと鍋の吟味をしていると、またもや電子音。

今度は体温計じゃない、俺宛のメールだ。

鍋選びの手を止めて確認すると、送り主はフィレーネ。

彼女らしい丁寧で、けれどもつらつらと長い文章がしたためられたメールだが、

要点をあげると、この部屋の扉を開けてほしいようだ。

一体何をしようというのだろう。

不思議に思いつつも玄関を開けるが、そこには誰もいない。

いないが、十数秒も待つ前に廊下からぱたぱたと軽い足音が聞こえてきた。

「……フィレーネ?」

廊下の角に向かって声をかける。

直後、ぬっと姿を現したのはフィレーネではなく大きな果物かごだ。

「あ、アルゴス? よかった、いてくれたんだね!

その、悪いんだけど、ちょっとこれ……。」

抱えるほど大きな果物かごの向こうから、聞きなれたフィレーネの声が聞こえる。

廊下の角を曲がり切れず壁にぶつかりそうになる小さな体を支えつつ、

俺はひょいとかごを受け取り小脇で抱えた。

でかい。

そして重い。

「あ、ありがとう!」

「それはこっちのセリフだ。

アーディスの見舞いにきてくれたんだろ?」

「うん! その果物と、あとね……。」

「ありがとな。いつもなら上がってもらってお茶でもふるまうところだけどさ、今は……。」

「あ、私、大丈夫だよ!

それよりね、役に立ちそうなもの、他にもたくさん持ってきたの!」

そう言ってふらふらと俺の脇をすり抜ける、フィレーネの背を見てぎょっとする。

果物かごに負けないぐらいの大きなリュックを背負っていたからだ。

部屋に上がり、大きく息をつきながらそれを床に置いたフィレーネに、

あわてて俺は問いかける。

「ちょ、ちょっとまてフィレーネ、お前ここに泊まる気か?」

「え? ちち、ちちち違うよ!

これはアーディスの役に立つかと思って……。」

顔を赤くしてぶんぶんと両手を振る。

そして照れ隠しのようにリュックにとりつくと、中身を床に並べ始めた。

「これはね、風邪薬。こっちは頭痛薬でこっちは吐き気止めでこっちはせき止め。

市販薬だけど、私はいつもこれつかってるの、おすすめだよ。

こっちは冷却材、まくら用とひたい用。替えのタオルもいっぱい持ってきたよ。

このおイモとお魚は、栄養があるから風邪の時に食べるといいんだって。

こっちのシロップも一緒に食べるといいらしいよ。

これは置いておくと空気が綺麗になるお花なんだって。

あとね、こっち健康祈願のお守りで、こっちは厄除けのブレスレット。

これはカンポー?っていうとある人達に代々伝わっているお薬で、

飲むと一時的に熱が上がるけどその分はやく風邪が……。」

「ちょ、ちょちょちょ、タンマタンマ!」

突然他人の玄関先で店を開き、流れるように商品説明し始めるとは思わなかった。

どんなに役に立つものでも、玄関先い並べられちゃたまらない。俺が部屋に入れなくなる。

まだまだたっぷり中身のつまっているリュックを、なるべく普段通りの視線で眺めながら、

俺はフィレーネの横にしゃがみこんだ。

「これ、もしかしてまだまだこんなようなのが詰まってんのか……?」

「うん、そうだよ!

全部は使わないかもしれないけど、どれかが少しでもアーディスの役に立てばって……!」

輝くような笑顔で返される。

俺は頭でも抱えたい心持だってのに。

「そっか……悪ぃな、ただの風邪だってのに。」

ただの風邪、の部分を少し強調して言ってみるが、フィレーネは気にする風もない。

またぶんぶんと首を振り、顔を赤くする。

「ううん、気にしないで! 困ったときはお互い様だもの!

ほんとは看病とかしたいけど、アルゴスの邪魔しちゃったら悪いし……。」

うつむいてもじもじと自分の指を絡ませつつ、俺の顔をうかがいみてくる。

そんな事だろうと思った。

俺は心の中でため息をつく。

看病なんてさせられるか。

一緒に住んでる俺はともかく、まったく関係のないフィレーネに風邪をうつしたら大変だ。

なにより、へろへろのアーディスにフィレーネを引き合わせたりしたら、

かっこつけのアーディスに後で何を言われるか分かったもんじゃない。

熱にうなされて、今だけは素直に受け入れるかもしれないけどさ。

「気持ちはありがたいけど――。」

言いかけて、口を閉じる。

まてよ。

風邪をうつしたところで、今度はアーディスにフィレーネを看病させればいいんじゃないか。

ぐちぐち言うかもしれないが、多分最終的に蹴りはしないだろう。

色々気を使ってくれたし。

アーディスとフィレーネを突き合せて、

熱でも上がればもしかしたら風も少し早く治るかもしれない。

何より俺も、ここ数日つきっきりだ。

いい加減、少し休みたい。

見ていてくれる人がいるなら、これほどありがたい事があるだろうか。

「あ、うん、やっぱりそうだよね。私やっぱり、変えるね。

これは置いていくから、使い方解らないものがあったら……。」

「ああ、いや、やっぱ気ぃ変わった。

フィレーネも手伝ってくれよ。あいつの看病、結構大変でさ。俺もちょっと休みたくって。」

「え、いいの……!?」

フィレーネの顔がぱぁっと輝く。

解りやすい事だ。

俺も笑顔を返しておく。

 

と言っても、ここで好き勝手看病されては後が怖い。

少なくとも、あのリュックの中で大半を占めているらしい、

訳の解らない民間療法は使わないよう言い含めなければ。

デューマンとブレイバーとバトルフィールド

頼み事なんてされたのは久々だった。

しかも相手はあのマニ。

あの、借りも貸しも妙によく覚えている男が、頼み事。この僕に。

最初に言われたとき、二度聞き返した後、思わず笑ってしまいそうになった。

その時見せてくれたきまり悪そうな顔は、いくら僕でもしばらくは忘れない気がする。

長生きはするものだ。

まぁ大した歳でもないけど。

 

で、その頼み事というのは、どういう訳か後輩のお守りである。

いったいどういう風の吹き回しかと聞き返せば、

マニと同程度の実力の同期がギリギリ勝てた程の実力者らしい。

そして、さらに上を。

良くある話だ。

悪いとは言わない。

だが、面白みはあまりない。

それほど奇抜な奴ではないのだろう。

それでも、暇つぶしにはなるだろうか。

僕は、休日であれば相手をしてもかまわないと返した。

そして当日を迎えたのが、今である。

 

「アーディスと申します、よろしくお願いいたします!」

真面目な顔で一息に言い、勢いをつけて頭を下げる。

一つに結んだ赤い髪がぶわっと舞った。

なぜ髪なんて伸ばしているのだろう、とぼんやり思う。

邪魔だろうに。

「僕はテオフィル。こちらこそよろしく。」

挨拶もそこそこに、踵を返してVRへ移動する。

他に話すことも特にないうえ、そもそも戦闘を目的に呼び出されたのだ。

これでかまわないだろう。

けれども三歩後ろを歩く少年は、遠慮がちに話しかけてくる。

「本日はお忙しい中、ありがとうございます。」

「うん。」

「アンドラスさんがお勧めする先輩と戦う事が出来るこの日を、とても楽しみにしておりました。」

アンドラス、という奴は知らない。

話で聞いたマニの同期だろうか。

フォースだというのは聞いたような気がする。

そうだ、テクターのマニとフォースの同期が気にする後輩なのであれば、

やはり法撃職なのだろうかと考えたのを覚えている。

フォースかテクターまたはバウンサーもしくはサモナーか……と。

「君は、ブレイバーなんだね。」

「はい。配属時からずっとブレイバーをやっております。

テオフィルさんも、ブレイバーですか?」

「そうだよ。」

「それは、学び甲斐がありそうです。」

どうだか。

泥臭い僕の戦い方を見たところで、大して参考になんてならないだろうに。

「テオフィルさんは、刀は使われますか?」

「いや、全然。」

「そうですか……。

その、先日、前回の模擬戦闘訓練の偏差値が出ましたよね。

もう受け取られました?」

「うん。」

「俺の偏差値は、54.96でした。」

「へぇ……その年で。強いんだね、君。」

50ぐらいが中堅どころの奴らの数値……だっただろうか。

54はどれぐらいだったろう。

あまりよく覚えていない。

「テオフィルさんの数値を、お聞きしてもよろしいでしょうか?」

「僕? うーん……60ぐらいだったかな。」

「60!?」

「まぁ、あの評価は実践じゃあまりあてにならないから。」

そう、あくまでも訓練。

内容も、単調で予測しやすいものばかりだった。

偏差値とやらが高い奴ほど任務でやくにたつ、なんて実感もない。

あてにするようなものでもないだろう。

そんな僕の素直な気持ちを伝えたはずなのに、アーディスは眉間にしわを寄せ黙り込む。

何か悪い事でも言ってしまったのだろうか。

わからない。

こういう時だけは、マニの察しの良さが少しだけうらやましくなる。

 

「じゃぁ、訓練を始めようか。」

訓練用フィールドの両端に立つ。

無機質なフィールド。

これで役者が平凡ならつまらない舞台にしかならないが。

「君が刀を使うなら、僕もそうしようかな。」

ちょうど、予備の刀は持っている。

普段から念のために常備している奴だ。

戦闘で握るのがいつ以来かは、ちょっと覚えていないけど。

「……よければ、全力で、お相手を、願いたいのですが。」

絞り出すような声。

見れば、睨むように僕を見ている。

また何か怒らせるような事を言ってしまったのだろうか。

わからない。

まったく、面倒なことだ。

「もし扱い方を覚えていなかったら、その時にまた考えるよ。」

柄を握ると、すっと手になじむ。

当たり前だ、僕が自分で選んだのだから。

 

そういえば、手加減はした方が良いのだろうか。

一回りも年下の後輩に本気を出すのも、滑稽だろうか。

しかしその結論を出すよりも早く、僕の足は床をけっている。

ただ、感じるままに。

取らなければならない休日にも、武器を握れることに感謝しつつ。