あたたかい部屋の中で

今思えばあいつ、昔はよく体を壊していた。

昔と言っても、ほんの5年ほど前の話だ。

少し薄着をしては体を壊し、少し環境が変わっては体を壊し。

体力も今ほどはなかったから、一度体調が崩れると案外長引いて。

同じ部屋に住んでいる以上、無視するわけにもいかなくて、俺もこまごまと世話を焼いた。

普段は何かと生意気なあいつも、こういうときばかりは素直に甘えてきたもんだ。

そう、年相応に、子供らしく。

 

いつからだっけ。

あいつが風邪、ひかなくなったの。

成長して体力もついて、体も心も丈夫になったんだろう。

そんなことをぼんやりと考えていたけれど。

 

ピピピピピ、ピピピピピ、とお決まりの電子音が聞こえる。

ちょいと失礼して布団の中から体温計を引っ張り出すと、抗議するようなうめき声が響いた。

俺の手が冷たいんだろう。

でもさすがに体表面温度を40度近くまで上昇させることはできないので、

おとなしく我慢してもらう事にする。

「熱、さがらねぇなぁ。」

ベッドに寄りかかり、ため息交じりに呟く。

誰に言うでもない、ただの独り言。

そのつもりだったが、うめくような声が俺の言葉に返事をする。

振り向くと、ベッドに横たわっていたアーディスがゆっくりを目を開くところだった。

顔は相変わらず赤い。

「あたま、いたい……。」

「お、悪い、起こしちゃったな。水飲むか?」

「のむ。」

「ほら、飲め。」

声をかけると、ゆっくりと体を起こす。

こいつの病気は、なんてことない、ちょっと重いだけのただの風邪だ。

休養と栄養を十分に取ればそれだけで治るような、ただの風邪だ。

けれどもこいつはこの世の終わりのような顔をして背中を丸める。

どれだけ寝込めば治るかなんて、今の自分には関係ないとでも言うかのように。

「腹は?」

「へらない。」

「そう言うけどお前、昨日の夜から何も食べてないだろ。」

うめき声。

今度は言葉の返事はない。

水を飲むだけ飲んで満足したらしいアーディスは、

またもぞもぞと布団にもぐってすうすうと寝息を立て始めた。

そんな可愛い病人に布団をかけなおしてから、おかゆでも作ろうかと部屋を出る。

 

一人きりの台所でのんびりと鍋の吟味をしていると、またもや電子音。

今度は体温計じゃない、俺宛のメールだ。

鍋選びの手を止めて確認すると、送り主はフィレーネ。

彼女らしい丁寧で、けれどもつらつらと長い文章がしたためられたメールだが、

要点をあげると、この部屋の扉を開けてほしいようだ。

一体何をしようというのだろう。

不思議に思いつつも玄関を開けるが、そこには誰もいない。

いないが、十数秒も待つ前に廊下からぱたぱたと軽い足音が聞こえてきた。

「……フィレーネ?」

廊下の角に向かって声をかける。

直後、ぬっと姿を現したのはフィレーネではなく大きな果物かごだ。

「あ、アルゴス? よかった、いてくれたんだね!

その、悪いんだけど、ちょっとこれ……。」

抱えるほど大きな果物かごの向こうから、聞きなれたフィレーネの声が聞こえる。

廊下の角を曲がり切れず壁にぶつかりそうになる小さな体を支えつつ、

俺はひょいとかごを受け取り小脇で抱えた。

でかい。

そして重い。

「あ、ありがとう!」

「それはこっちのセリフだ。

アーディスの見舞いにきてくれたんだろ?」

「うん! その果物と、あとね……。」

「ありがとな。いつもなら上がってもらってお茶でもふるまうところだけどさ、今は……。」

「あ、私、大丈夫だよ!

それよりね、役に立ちそうなもの、他にもたくさん持ってきたの!」

そう言ってふらふらと俺の脇をすり抜ける、フィレーネの背を見てぎょっとする。

果物かごに負けないぐらいの大きなリュックを背負っていたからだ。

部屋に上がり、大きく息をつきながらそれを床に置いたフィレーネに、

あわてて俺は問いかける。

「ちょ、ちょっとまてフィレーネ、お前ここに泊まる気か?」

「え? ちち、ちちち違うよ!

これはアーディスの役に立つかと思って……。」

顔を赤くしてぶんぶんと両手を振る。

そして照れ隠しのようにリュックにとりつくと、中身を床に並べ始めた。

「これはね、風邪薬。こっちは頭痛薬でこっちは吐き気止めでこっちはせき止め。

市販薬だけど、私はいつもこれつかってるの、おすすめだよ。

こっちは冷却材、まくら用とひたい用。替えのタオルもいっぱい持ってきたよ。

このおイモとお魚は、栄養があるから風邪の時に食べるといいんだって。

こっちのシロップも一緒に食べるといいらしいよ。

これは置いておくと空気が綺麗になるお花なんだって。

あとね、こっち健康祈願のお守りで、こっちは厄除けのブレスレット。

これはカンポー?っていうとある人達に代々伝わっているお薬で、

飲むと一時的に熱が上がるけどその分はやく風邪が……。」

「ちょ、ちょちょちょ、タンマタンマ!」

突然他人の玄関先で店を開き、流れるように商品説明し始めるとは思わなかった。

どんなに役に立つものでも、玄関先い並べられちゃたまらない。俺が部屋に入れなくなる。

まだまだたっぷり中身のつまっているリュックを、なるべく普段通りの視線で眺めながら、

俺はフィレーネの横にしゃがみこんだ。

「これ、もしかしてまだまだこんなようなのが詰まってんのか……?」

「うん、そうだよ!

全部は使わないかもしれないけど、どれかが少しでもアーディスの役に立てばって……!」

輝くような笑顔で返される。

俺は頭でも抱えたい心持だってのに。

「そっか……悪ぃな、ただの風邪だってのに。」

ただの風邪、の部分を少し強調して言ってみるが、フィレーネは気にする風もない。

またぶんぶんと首を振り、顔を赤くする。

「ううん、気にしないで! 困ったときはお互い様だもの!

ほんとは看病とかしたいけど、アルゴスの邪魔しちゃったら悪いし……。」

うつむいてもじもじと自分の指を絡ませつつ、俺の顔をうかがいみてくる。

そんな事だろうと思った。

俺は心の中でため息をつく。

看病なんてさせられるか。

一緒に住んでる俺はともかく、まったく関係のないフィレーネに風邪をうつしたら大変だ。

なにより、へろへろのアーディスにフィレーネを引き合わせたりしたら、

かっこつけのアーディスに後で何を言われるか分かったもんじゃない。

熱にうなされて、今だけは素直に受け入れるかもしれないけどさ。

「気持ちはありがたいけど――。」

言いかけて、口を閉じる。

まてよ。

風邪をうつしたところで、今度はアーディスにフィレーネを看病させればいいんじゃないか。

ぐちぐち言うかもしれないが、多分最終的に蹴りはしないだろう。

色々気を使ってくれたし。

アーディスとフィレーネを突き合せて、

熱でも上がればもしかしたら風も少し早く治るかもしれない。

何より俺も、ここ数日つきっきりだ。

いい加減、少し休みたい。

見ていてくれる人がいるなら、これほどありがたい事があるだろうか。

「あ、うん、やっぱりそうだよね。私やっぱり、変えるね。

これは置いていくから、使い方解らないものがあったら……。」

「ああ、いや、やっぱ気ぃ変わった。

フィレーネも手伝ってくれよ。あいつの看病、結構大変でさ。俺もちょっと休みたくって。」

「え、いいの……!?」

フィレーネの顔がぱぁっと輝く。

解りやすい事だ。

俺も笑顔を返しておく。

 

と言っても、ここで好き勝手看病されては後が怖い。

少なくとも、あのリュックの中で大半を占めているらしい、

訳の解らない民間療法は使わないよう言い含めなければ。

スイーツ・タイム

その場所は、いわゆるカフェだった。

決して大きくはない通りに面した、小ぢんまりとして温かなカフェ。

ショップエリアの片隅、他のエリアと行き来できるテレポーターにほど近い場所にあるので、

たまに前を通る程度でも、ガラス越しにちょくちょく見知った顔を見かけた。

有名ではないし洒落てもいないけれど、静かで一人や少人数でのんびりしするのに良い、

なんて声も時折彼女の耳に入るほどだった。

もっとも、甘いスイーツの看板を店先に出すカフェだ。

話題に出すのも、実際に見るのも、ほとんどが若い女性アークスだったが。

 

普段ならば、ただ前を通り過ぎるだけの店。

けれどもその時、彼女は少々の暇を持て余していた。

用事が前倒しで終わり、次の任務まで中途半端に時間が空いてしまったのだ。

こんな時でなければ、縁のない店かもしれない。

そう思ったジェラルダインは、木を模して造られた温かなカフェの扉を引いたのだった。

 

扉をくぐり、さっと店内を見渡す。

外装から想像できる通りの、温かな店内。

その一角に見知った顔を見つけ、ジェラルダインは思わず口を開いた。

「あら、テオフィル。」

女性ばかりの店内に、唯一存在する幅広の肩が少し上がる。

続いて短い黒髪の頭が持ち上がり、肩越しにジェラルダインを振り返った。

向けられた瞳はいつも通りに眠そうな光を放っていたが、少しだけ見開かれていただろうか。

「……あ、お疲れ様です。」

「お疲れ様。相席、いいかしら?」

「はい、どうぞ。」

答えを確認したジェラルダインは、小さな丸いテーブルをはさんだ反対側に回り椅子を引く。

タイミングを見計らってやってきたウェイターにコーヒーを一杯注文したのち、

ふと向かいのテオフィルの手元に目をとめた。

「あと、そうね、おすすめのスイーツは?」

「当店のお勧めは、こちらのホットケーキでございます。」

壮年のウェイターがメニューに載った写真を示す。

そこには真っ赤なソースと色とりどりのベリーが添えられた、見栄えの良いスイーツが写っていた。

テオフィルが食べているものとは違うようだが、任務前のエネルギー補給として悪くない。

それも一つ、と注文すると、ウェイターは一つ頭を下げてから厨房へと下がっていった。

その背を見送ってから、うつむき加減だったテオフィルが少し顔を上げる。

「……ジェラルダインさんって、案外食べるんですね。」

「そう? 体が重いからかしら。」

太っているという意味ではない。

重いキャストパーツを背負っているからという意味だ。

それを解っているのかいないのか、そうなんですか、と曖昧な返事が返ってくる。

そして再び、手元のスプーンを動かし始めた。

「それはプリン?」

「はい。」

「お気に入りなの?」

「結構。」

「私もそれにすればよかったかしら。」

お愛想として言いながら、プリンを食べる青年を眺める。

スイーツ用の小さめのスプーンで少しずつプリンをすくい上げ、ちびりちびりと口へ運ぶ。

今まで見てきた任務中の慌ただしい食事風景が嘘のように、ゆっくりゆっくり。

味わい尽くすように食べ進めていくさまは、好物を大事に大事に食べる、幼い子供を連想させた。

「邪魔、しちゃったかしら?」

「何をですか?」

「あなたの時間を。」

「そんな事は。」

顔を上げたテオフィルが、ふるふると首を振って否定する。

握っていたスプーンを置くと腕を組み、少し頭を傾けてから再びジェラルダインを見上げた。

「ここには、たまに来るんです。

部屋にいると、気が滅入ってしまって。」

「そうなの。」

「はい。もっと、長い時間が取れるなら、チャレンジでも行くのですが。」

「テオフィルは意外と活動的ね。」

「そうですか? 暇な時間が、苦手でして。」

うーんと頭を傾けてから、再びスプーンを手に取る。

今度はプリンではなく添えてあるチェリーを脇に寄せると、スプーンで器用に割って半分だけ口へ入れた。

それをもごもごとゆっくり味わってから、再び口を開く。

「ここのホットケーキ、おいしいですよ。

他も、スイーツは全部、手作りだそうです。」

「それは楽しみね。」

少し微笑んでから、ジェラルダインは厨房へと顔を向ける。

そろそろ良い香りが漂ってきた。

それはきっと招待状

こつこつこつ、と規則的な音が辺りに響く。

それは、硬い靴底が石造りの床を打つ音。

こつこつこつ、こつこつこつ。

止まることなく、淡々と。

一定間隔で、規則正しく。

普段はあまり気にならないが、ウォパル海底の閉鎖空間だとどうしてこうも自己主張するんだろう。

こつこつこつ、こつこつこつ、こつこつこつ。

心地よいリズム。

なんだか、眠くなってくる音だ。

頬杖を外して大きくあくびをすると、ずっと時を刻んでいた音の主が僕をみた。

怖い顔。まるで怒っているみたい。

「フィルさん……連絡はつきましたか?」

「んー、まだだね。」

頬杖を突きなおしつつ、手元のレーダーを確認する。

アークスの反応はない。

通信の受信もない。

仮にも一度反応が消えたのだ。

復活の期待なんて、正直あまりしていないけれど。

「もうかなり時間も経ちましたが。」

「まだ一時間だよ。」

そう、まだ一時間。

このパーティのリーダーとして、僕ら二人を引っ張っていたジェラルダインが姿を消してから、まだ一時間だ。

彼女が僕たちを置いて単独行動をした真意は解らないけれど、正直あまり邪魔したくもない。

一時間なんて、隠密調査をする時間としては短すぎるんだ。

まぁ、不幸にあって引き裂かれる時間としては長すぎるけれど。

じゃぁなんで未だに二人そろってお行儀よく待っているのかは……だいたい、マニのせいかな。

ぼりぼりと頭をかいていると、ずっとうろうろと辺りを歩き回っていたマニが、

突然距離を詰めて僕の前にどかっと座った。

「俺たちの方から探しに行った方が良いんじゃないですか?」

のんびりと構えている僕とは対照的に、マニはずっと落ち着かない。

僕は彼女の考えを推し量れるほど頭も観察力もよくないけれど、

もしかしたらこれを避けたかったのかな、なんて暇に任せて邪推する。

「そしたら、ジェラルダインさんはどこに戻ってくるの?」

「キャンプシップでいいですよ。メッセージを残す方法はいくらでもあります。

この場所は通信も通じますし。」

「それもそうだ。」

再び出てきたあくびを噛み殺す。

いい加減に退屈なのは否定しない。

せっかく任務なのに、せっかく現地なのに、せっかく原生エネミーもたくさんいるエリアなのに。

正直、少しもったいないと思ってはいる。

「じゃぁさ……マニは、あると思う?」

「何がですか?」

「通信の届かないところ。この惑星の、このエリアに。」

「それは……。」

マニがぐっと口を結び、顎を引く。

別にいじわるで聞いてるわけじゃない。

もしもそんな場所がないならば、しょうがないからだ。

僕たちが行ったところで、しょうがないからだ。

あてもなくさまよって殺戮の限りを尽くす、なんてのもいささか悪くはないが、

そんな事をして後で上に怒られるのは僕である。

僕は、演技とかうまくないもの。

「……それを調べるための時間を、俺に下さい。」

真面目な顔を僕へ向けてくる。

こんなマニを見れるなんて珍しい。

普段はもっと、ふわふわしたよく解らない感じなのに。

僕もあまり他人の事はいえないけれど。

「じゃぁさ、約束しよう。」

「……どんな?」

「体の一部でも見つけられたら、そこでおしまい。一緒にシップまで帰ろう。」

「それを、”約束”ですか。」

ふっと僕から目をそらして、マニが笑う。静かに。多分、それは苦笑だ。

僕は多分、無表情。いつも通り。

「うん。これを”指示”には、したくないかな。」

すこし、微笑んで見せた、つもりになる。

上手くできたかは、しらない。

「……フィルさん、友達いないでしょ。」

「それ、何度聞いたら気が済むの?」

「いえ、ほんとは沢山いるのかと思って。」

良く解らないことを言いながら、マニが微笑む。

今度は、さっきよりは自信がありそうな微笑みだ。

でも僕の方は、こんな時にどんな顔を返して良いのか解らない。

 

相変わらずレーダーにアークスの反応はないし、彼女からの通信も入ってこない。

でもこれから、待った分だけ暴れられるのだと思うと、少しだけ気分が明るくなった。

ペーパークラフト

それは、なんてことない日だった。

なんてことない日に起こった、なんてことない出来事。

多分僕は、すぐに忘れてしまうと思う。

でもできれば、どこかに残せればな、なんて。

残したことも、僕はきっと忘れてしまうけれど。

 

任務のために、いつも通りにロビーへ行く。

集合時間よりも少し早い。

しょうがない。

部屋にいたところで、やることなんてないのだから。

ショップエリアにでも足を延ばして、アイテムラボにでも顔を出そうか。

スキルリングショップも良い。

こういう細かい暇つぶしは、外の方が豊富だ。

雑踏の存在も、気がまぎれて僕にはありがたい。

ウェポンショップに並んだ新品の武器を横目で見つつ、

そろそろ買い替え時かな……などと他愛もないことを考えながら、人の間をぬってあるく。

こういうのは、思いついたときに行動しなければ。

まだ使えるから、とぐだぐだ後回しにしてはいつまでたっても旧型のままだ。

なんて、はるか後方になったウェポンショップへ思いをはせてもしょうがないのだが。

 

そんな僕の、いつもの散歩道。

普段の無意味な散歩道。

 

ふと視線を動かすと、オープンカフェに座った青年と目が合った。

マニだ。

一人で優雅にコーヒーを飲んでいる。

そうだ確か、次の任務で一緒だったはず。

「あ、フィルさん。お疲れ様です。」

笑顔でひらひらと手を振られる。

こう反応されては無視もできない。

僕はへたくそな笑顔を浮かべながら、心地よい雑踏を抜けて彼のそばへと歩み寄った。

「お疲れさま。」

「どうしたんですか、こんなところで。

そろそろ集合時間ですよ。」

「お前もね。」

「はは、おっしゃる通り。コーヒー、買ってきましょうか?」

「いや、大丈夫。」

カフェの椅子とは言え、別に買わなければ座っちゃいけないなんて決まりはないだろう。

僕はゆるりとコーヒーをたしなむマニの、向かいの椅子に腰を下ろす。

別に長居をする気はないのだけれど、立ったままなのもなんだか悪い気がして。

マニはいつからここにいるのだろう。

僕も短くはない時間をふらついて過ごしていた気もするけれど、もしかしたら彼も同じなのだろうか。

「そうだ、フィルさん。もしも気が向けばの話なんですけど。」

「うん?」

「ちょっと俺の事応援してくださいよぉ。……なーんて。」

「応援?」

唐突な申し出に、思わずマニの顔をまじまじと見る。

多分僕はいま、きょとんとした顔をしてるんだろう。

対するマニはいつもと変わらない、普通の笑顔だ。

へこむような事でもあったのだろうか……などと少ない知恵をしぼって推測してみるものの、

見た限りでは普段とまったく変わらない。

いや、あったところで、鈍い僕に気づかれるようなマニではないか。

相変わらず何を考えているのかわからない。

わからないけれど、言うだけでいいのであれば。

「がんばれよ。」

「…………。」

これで良いのだろうか。

本人の希望どおりに言ったつもりだけれど。

少し不安になって、マニの目をのぞき込む。

マニはしばらく目を丸くして僕を見ていたけれど、突然背をそらして椅子にもたれ、声を出して笑いだした。

「いえ、すみません、何も聞かずに言ってもらえるとは思わなくて。ははっ、ありがとうございます。」

腹を抱えて笑うマニ。

それまでの笑顔との違いは、僕にはわからない。

でもきっとこれで良かったのだろうと、からからと笑うマニをみながらなんとなく思いなおした。

「じゃぁ、行こうか、そろそろ時間だよ。ジェラルダインさんが待ってるし。」

「え、ジェリーもう来てたんですか?」

「うん、さっき見かけたから。」

「あちゃー、知ってたらもっと早く行動したんですけどね。」

マニはさっと立ち上がりてきぱきと食器を片付け、私物を片付けこちらを見る。

僕は大した仕事もないくせに、マニの準備が終わったのを確認してから腰を上げた。

 

集合場所につくころには、きっと時間ぴったりだろう。

さぁ、任務だ。