作成者別アーカイブ: yoohoo

アビリティ並べるだけ

政マニの「同アビ持ちと一緒に出撃するとステUP」のアビリティ名がとても興味深かったので。

向こうと違って過去のバックグラウンドではなく、今の関係の複雑性・将来性から増える。

深みが違うからねしょうがないね。

 

思いついたまま意味もなくただ羅列するだけ。

所属が二人以下になるものは増えすぎるので除外。

 

続きを読む

楽しく語ろうはないちもんめ

がやがやと明るい活気に満ちたゲートエリアをぐるりと見まわす。

目当ての顔は無い。

念のため端末を確認したが、来たという連絡もなかった。

当たり前だ、約束の時間にはまだ早いのだから。

相手が毎回早めに来るからと、ちょっと油断が過ぎだようだ。

さすがにこれは早すぎる。

若いころであればこんな隙間時間にはエネルギー補給と称して軽食でも腹に詰め込んだものだが、

さすがに今同じことをするのは後の任務に差し障りかねない。

軽くコーヒーでも飲むに留めるのが無難だ。

手近な自動販売機でコーヒーを買い、比較的人の少ない静かなソファにこしかける。

多くの人が利用しやや硬くなっている背もたれに体をあずけ、ぬるめのコーヒーを口にふくむ。

そこでようやく人心地ついたバルバストラフは、ゆっくりと息を吐いた。

「お疲れ様です。お隣、よろしいですか?」

どれくらい時間がたったころだろう。

容器越しに伝わるコーヒーのぬくもりを感じながら、

ぼおっと行き来する人々を眺めていたバルバスへ、静かな声が投げられたのは。

はて、こんなくたびれた男に声をかけようなんてどこの物好きだろう。

そう思いながら顔を上げると、あったのはなじみの顔だ。

なつかしい。

とても、なつかしい。

込み上げてきた言葉に出来ないものに胸を熱くしながら、

バルバストラフはにこやかに会釈をした。

「ああ、これはこれはジェラルダインさん、お久しぶりです。

こんな場所で良ければどうぞどうぞ。」

少し尻を持ち上げ脇へずれる。

小柄ではない二人とは言えただ座る分には十分な広さのソファではあったが、一応の気づかいだ。

「ありがとう。」

ジェラルダインは少し微笑むと、重そうなキャストボディをゆらしてバルバスの隣におさまった。

ボディは昔と変わらない威圧感だが、以前より少しだけ雰囲気が柔らかくなっている気がする。

「バルバストラフさんは、待ち合わせですか?」

「ええ、実はちょいと早くつき過ぎちまいまして。」

「ふふ、私は逆ですよ。遅刻さんを待ちぼうけ。」

「ははは、お互い難儀なことで。」

笑いながら、また一口コーヒーを飲む。

そしてゆっくり天井を見上げた。

最後に彼女のこの物々しくいかついシルエットを見たのは、何年前だろう。

確かあの時も、今のようにロビーが和やかに賑わう時期だった。

そう、あのピリピリとした緊張感や、抑えきれない興奮感が漂うような時期が過ぎ去ったころ。

毎回毎回そんな時期に、彼女はひょっこりとバルバストラフの前にやってくるのだ。

何年たっても何十年経っても変わらない、彼女の横にいると自然と昔を思い出す。

おそらくそれは、彼女が毎回必ずと言っていいほど持ってくる話題が、

昔を思い出すきっかけになりがちなのもあるだろう。

「ところで、今年の第二種適正能力審査試験、合格者は出そうですか?」

「うーむ、どうでしょう……。」

「去年も一昨年も合格者無しでしたもの。

そろそろ一人や二人、こちらへ送っていただかないと。」

「そう言われましてもなぁ……。」

言葉を濁すが、すでに頭には何人もの後輩の顔が浮かんでいる。

おそらくバルバストラフよりも優秀であろう、たくさんの可愛い後輩達。

もしかしたら、という奴も何人かいる。

だが、どれも決め手に欠ける気がした。

そして、手放したくなかった。今はまだ。

「動ける奴はちらほらいるっちゃいるんですが、

どうにもまだまだ危なっかしいヒヨッコばかりでして。」

「テオフィルみたいな?」

「ああ……アイツが合格したと聞いたときは本当に驚きました。

もうそろそろ十年経ちますか。」

独り言のように言いながら、懐かしい記憶を引っ張り出す。

テオフィルとは当時からそれほど親しい間柄とは言えなかったが、

それでも何を考えているか解らない危なっかしさを感じていたのは覚えている。

実力は疑うまでも無く十二分だったが、

決断力とチームワークを求められる世界に引き抜かれたのは本当に意外だった。

そしてそのための推薦を、バルバストラフに求めてきたことも。

「当時からタフな奴じゃぁありましたね…。

今も変わらずですかな?」

「そうね、少しだけ面倒見がよくなってますよ。」

「はっはっは、あいつがですか。そりゃぁ十分な成長だ。

最近はあの小憎らしいマニウェルの奴と一緒にされてるなんて聞いたもんで、

ちょいと気になってましたが大丈夫そうだ。」

「ふふ、むしろ相性は良い見たいですよ、あの二人。

先日もマニを通してやってきた新人君に稽古をつけたとか。私も少し驚きましたわ。」

「ああ、アーディスの事ですか。

すいませんねぇ、あのがきんちょが面倒かけまして。」

うつむいてぼりぼりと頭をかく。

ごねたアーディスとその為に走り回ったアンドラスの一件は、彼も知っていた。

むしろその話と一緒に、マニウェルやテオフィルの事を後から聞いた。

あのマニウェルか、と当時は少し頭を抱えたがジェラルダインの話を聞く限り問題はなさそうだ。

――テオフィルがうまくやっていける場所であれば、

アーディスももしかしたら馴染めるのかもしれない。

そんな思いが、全くないと言えば嘘になる。

「あいつも腕は中々、多分あのまま走り続けりゃ相当強くなるとは思うんですがなぁ……。」

持ったままだったコーヒーをサイドテーブルに置き、腕を組んでぐっと体をのけぞらせる。

明るいライトと共に脳裏に映るのは、もちろんアーディスの姿だ。

持って生まれた才能だけではなく、

決して少なくない時間を訓練に当て続けている結果であろうあの動き。

おそらく実力は十分だ。頭もいい。

例え数度不合格となっても、何度も挑戦するだろうから最終的に試験は通るだろう。

後は周囲の推薦だけ。

実力は十分で、けれどもまだまだ危なっかしい、そんな少年を持ち上げる最後のひと押し。

「……あー、やっぱりもう少しこっちで面倒見たいですわ。

どーもあいつは一度折れたらそのまま落っこちちまいそうで。

その辺叩き直してからじゃねぇと安心して送り出せませんて。」

「ふふ、かわいい盛りですね。」

「結構寂しがり屋でしてね、俺が。」

嫌だった。

将来性とやる気を買って押し上げて、棺が返ってくるのが嫌だった。

皆、本人が希望した末の推薦と合格であり、異動後の責任は向こうにある。

悪いのはバルバストラフではない。むしろ誰も悪くなんてない。

けれども嫌に古風な作りのあの箱を見るたびに、彼は冷水を浴びたような気分になるのだ。

一人一人顔も思い出せる。

なんなら名前も挙げられた。

そうして夢と希望とやる気に満ちた下っ端を問答無用で跳ね除けるようになったのは、

はていつからだろうか。

この手の話を聞くたびに、胸の古傷がじんわり痛むような感覚が出てきたのは、

はてはていつからだろうか。

「……もう少し、丈夫になってからですかねぇ。

折角伸ばした枝を、むざむざ強風にさらすのは辛いですから。」

「それについては同感です。私も幼い芽はなるべく積みたくないですもの。」

そう言いながら、ジェラルダインは少し体を傾けて足を組む。

そしてわざとらしく声を低めると、愚痴るように言った。

「ですがこの試験は毎回毎回、

人手が必要になってから無理に門戸を開いて人を流し込んで来ますから。

どうせそうなるならもっと早めに送ってくだされば、

慣れない環境で無理を通した末の事故も減りますのに。」

「……耳の痛い話ですな。」

「お互いに。」

苦笑しながら肩をすくめる。

キャストの装甲の上からでもわかるほど大げさに。

こんな普通の人が行えば気にならないような動作でも、

彼女がやるとわざとらしく違和感を覚えるのは不思議な事だ。

いやむしろ、そこが彼女の愛嬌だろうか。

などと、自分よりも一回りほど先輩であり、五つ年下である彼女を横目に、

バルバストラフは笑うのだ。

「……なにか?」

「いえいえ、なぁんにも。

ちびっ子どもをみんなジェラルダインさんに預けられればこちらも安心して送り出せるのですが、

そうもいかないのが辛い所ですよっとね。」

「あら、光栄ですね。」

ジェラルダインが笑う。

バイザーで顔が半分隠れているにも関わらず、彼女の笑顔は解りやすい。

声が弾むからだ。まるで若い女性のように可愛らしく、自然に。

「あなたが手元に置きたいと言うのであれば、もうしばらく待ちますけど。

それであれば、たまにアンドラスでも遊びに来させてくれないかしら。

極限の彼は中々頼りになるんですよ。」

「はは、冗談言わねぇでくだせぇ。

奴はエネミーぶっ叩いてるときよりも、

ちびっ子に駄々こねられてる時の方が良い顔してますって。」

バルバストラフも笑う。ほがらかに。

 

長年アークスをやっていると、同年代の仲間は減るばかり。

若いころに比べ友人は増えたものの、そこに寂しさを感じる事が全くないと言えば嘘になる。

だからこそ、多少の変化は受けつつも、

いつまでも変わらずあり続ける彼女を見ると、なんとも言えない物が込み上げてくるのだ。

懐かしいような、恋しいような、何とも言えないものが。

自分も誰かのそんな存在になれているのだろうか、もしくはいつかなれるのだろうか。

などとバルバストラフは頭の片隅で考える。

身軽な旅行がしたかったな

握り慣れない借り物のウォンドで、開かなくなった非常口を叩く。

耳障りな大きい金属音に躊躇はあるが、

かといっていつ爆発するとも限らない密閉空間にいつまでも引きこもるわけにもいかない。

いくら丈夫といえど、砦にはなりえないのだ。それを宇宙船に求めるのは酷というもの。

むしろ操作不能に陥ったにもかかわらず、生きて着陸できた事実に感謝しなければ。今は。

歪んだ扉をひたすら叩き、つなぎ目すらも歪んだところで、

強引に蹴りを入れいびつな出口をこじ開ける。

派手な音と共に汗ばんだ肌を撫でるのは、湿った生温かい空気。

少なくとも水はあるという事だろうか。

焼け死んだり凍え死んだりする心配がないのはまぁありがたい。

一応改めてレーダーで危険が無い事を確認してから、数歩下がっておもむろにひざを折り、

力なく横たわった体を担いでさっさと外に出た。

どんな場所でも、壊れたキャンプシップの中よりはましだろう。

少し歩いてシップから距離を開けると、適度な大きさの岩が目に入る。

身を隠すのにちょうどいい。

大きな岩陰にまず借り物のウォンドを放り込み、続いて担いだ体をゆっくり下ろす。

手早く頭の位置を調整して気道を確保し、体温が逃げないよう上着でもかけてやる。

頭部の出血が大事ではない事は確認済みだ。止血もすでにしてある。

後はもう出来る事はほぼない。

そこでようやく息をついて、彼は思わずその場に座込んだ。

無意識に手を腰に回し、自分の武器を探る。

弓も刀もあった。

「これなら、しばらくは動き回れるかな。」

誰にともなく呟いてから、ようやくテオフィルは顔を上げ周囲の景色を瞳に移す。

 

――その場所は、息をのむほど美しかった。

淀んだ蒼い空、焼け野原のように黒ずんだ地面、そしてそれを覆う赤い川。

どれをとっても妖しく美しい。

そして頭上には、見知らぬ街並み。

一昔か二昔前ぐらいのビルディングだろうか、やや古臭い街並みが乱雑に空から”生えて”いた。

ダーカーに破壊されたものの回収できなかったシップの話は小耳にはさんだこともあったが、

これがそのなれの果てとでも言うのだろうか。

生々しいほど綺麗に残った街並み、しかし人の気配はしない。

レーダーにあるのはダーカーの反応のみ。

廃墟を喰う惑星、とでも言えばいいのだろうか。

誰も知らない歴史が、消えて無くなったはずの記憶が、

数え切れないほどこの場所に積み重なっていると思うと肌が泡立った。

最もテオフィルが悦んでいるのはその歴史的生物的な重要性ではなく、

それらを食いつくしているダーカー達の存在が故だったが。

 

しばらくそうやってぼんやりと物思いにふけっていたが、

やがて頭を一つ振って、今は役に立たない他愛ない想像を振り払う。

そして凝り固まった体をほぐすように大きく伸びをすると、

おもむろに立ち上がり隠れていた岩の上に這い上がった。

その場所がやや高台なのもあって、一番高い所に座ると周囲の様子がよく見える。

絶景だった。

そして、静かだった。

眼下でちゃぷちゃぷと遊ぶ赤い水の音が聞こえるほどに。

「……こんなにいるはずなのにまだ誰も来ないなんて、おかしいなぁ。」

誰にともなく呟く。

この疑問はキャンプシップに閉じ込められている時から抱えていた。

あれだけの騒音と衝撃を立てて着陸したのだ、ぱれていない訳がない。

偵察ダガンやクラーダの十匹や二十匹きても可笑しくはないのだが、未だにここは静かなままだ。

レーダーの反応は目を疑うほどあるにも関わらず、この状況は気味が悪い。

まるで好きに泳げと告げられているかのようだ。

普段であれば、喜び勇んでダーカー狩りの散歩にでも繰り出すところだが。

岩の上に座ったまま、器用に足を組んで頬杖をつく。

そして遊園地のアトラクションをおあずけにされた子供のような表情で、辟易とため息を吐いた。

許されるのであれば、今すぐにでも武器を抱えて駆けだしたかった。

通信機やメセタ、その他たくさんの細々とした”アークスとして必要なもの”をすべて投げ捨てて。

エネミーは少しずつおびき寄せて各個撃破しても良いし、

レーダー反応の密集地に飛び込んで死に物狂いで暴れまわるのもいい。

各所に散っている大型ダーカーに片端からちょっかいをかけていくのも素敵だが、

少し離れた場所でひときわ大きな反応を出しているダーカーだって見に行きたい。

この惑星なら、きっとどこでだって死ぬことができるのだ。

きっと、ほんの少し油断したり体力を使いすぎたら、それこそどこでだって。

通信不能がゆえに扱いはおそらく行方不明、誰かに知られることもない。

なんて理想的なのだろう。

誰にも責められず、誰にも恨まれずに、

きれいさっぱり蒸発することができるだなんて、夢のような舞台だ。

まるで専用の棺桶のよう。

独りなら喜んで飛び込んだのに。それなのに。

今日は、できないのだ。

非常に間の悪い事に、今日は、この心躍るアトラクションに身を投じる事はできないのだ。

テオフィルはまた一つ大きなため息をつくと、恨めし気に岩陰を振り返る。

横たわっているお荷物は、未だに目覚める気配を見せなかった。

目覚めたところで、一人の時のように身軽に走り回れはしない。

いつものように彼を引っ張らなければ。

口ばかり達者で肝心な時に役に立たないような男だが、置いていくのは気が引けた。

「……おまえがいなくなったら、きっとジェラルダインさんが寂しがるからね。」

呟いた言葉は誰の耳に入ることもなく、ただ虚しく空を泳いで消えていく。

余韻すらも完全に消えた頃、ようやくテオフィルは岩から滑り降り、安全な岩陰に座りなおした。

そしておもむろに自分の武器を手に取ると、手元の限られた資源を使い丁重に手入れを始める。

帰るための戦いの、準備をしなければ。